だらしなくいきる

覚書とダラダラの日常のメモ。オタク要素かなり多め

サブウェイ童貞卒業してきた


ツイッターでこのpostを筆頭にサブウェイブームになってたので行ってみたよ!
行ったのは某ショッピングモールのフードコート内にあるサブウェイ。
まずはサンドイッチを頼んで、
「パン(ブレッド)の種類は~」
「パンは焼きますか~」
とかトッピングとか、一つ一つ丁寧にバイトの方が聞いてくれるので
メニュー照らし合わせて答えていくだけ。

そして無事購入できたのがこちらになります。
f:id:eluku:20180609065920j:plain

アボカドベジー(セサミブレッド)オニオン抜きピクルス入りワサビ醤油ソース。

食べるならアボカドとワサビ醤油の組み合わせで食べたかったんです!!

あと玉ねぎ嫌い(Notアレルギー)なので堂々と「抜いてください!」って言えるのありがたい
(言うても大概のお店で言ったら抜いてくれるけど)
玉ねぎ嫌いについては語れば長くなるけれど、小学生の時もともと玉ねぎ嫌いな中、給食で我慢してオエッっていいながら食べてたんだけど、ちょうどその日体調もあまり良くないこと、オエオエ胃を無理くりかき混ぜながら食べたことが重なって放課後ゲロゲロして熱でて担ぎ込まれたトラウマがあってな(注*でもアレルギーじゃない)
全く食べられないわけじゃないけど積極的には食べたくない苦手食材です。

話は戻して「注文苦手だからサブウェイ苦手」っていう案件をよく見かけるし
「長い呪文唱えるスタバより簡単だろ」っていうのも見かけますが、
確かに聞かれたことを答えるシステムなので簡単といえば簡単なんだけど、
会話のキャッチボールの苦手なコミュ障にとったら、注文する前に準備した長い呪文一回唱えるほうが楽だよな。
実際自分も
「アボカドベジーブレッドはセサミでオニオン抜きの他の野菜全部盛りでピクルス入りワサビ醤油ソースでお願いします」
っていう気満々だったけど
「ブレッドは何にしますか?」って言われて出鼻くじかれて
キョドる。


あと気になったのは郊外の店はフードコードにあることが多いみたいなんですが(店舗検索するとそんな感じ)
フードコートって賑やかだから相手の話してることが聞き取れない事があるんだよね。
特に会話が苦手なコミュ障は焦って相手の言ってることを聞きそびれて聴き直すこと多いからね。

広告を非表示にする