読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなくいきる

子宮筋腫手術することになったので、覚書と、 あと日々のダラダラ生活のメモ。

手術翌日のぼく

手術翌日(入院3日目)

お腹背中とおしっこの管、そして両手に点滴。

お腹も痛いんだけど、自分点滴の針が刺しにくいのか、両手の点滴が手の甲でな…

とにかく動かせないレベルで痛いんじゃ…。

 

もう腹の痛みとか割とどうでもいいし尿管とか気にならないレベルで痛いんじゃ!!

(よくおしっこの菅に違和感…という記事を見かけましたが、それどころじゃなかった)

右手に至ってはむくんで針が浮き出そうなレベルでパンパン!!!

「お昼食べたら点滴ぬけますからねー」

ということで、

必死に貪りつくようにお粥を食べる!!

(基本的にお粥はおろか白飯も1日に1回程度しか食べないのだけど)

結果無事に点滴も外れ、移動もできるようになったので尿管も抜けました。

お腹はチクチクいたいけどこれで

自由だ!!!!

動け!動くのです!と言われたので周りをウロウロしたり

ダラダラ最近ハマったミラクルニキしたりして1日終了。

ただし晩御飯もお粥だったので辛かった。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村 

 
子宮筋腫 ブログランキングへ

 

広告を非表示にする