読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなくいきる

子宮筋腫手術することになったので、覚書と、 あと日々のダラダラ生活のメモ。

手術こんな感じでした。

今回も箇条書きですが、とりあえず手術日のこと、まとめておきますね。

 

 

手術日(入院2日目)

前日下剤を飲んだせいか夜中にもりもりウンコが出る出る

はー…ちょっと出たかなーって便器覗いたら大漁大漁なんだもの!!

そして6時に浣腸。

してから5分待つ…のですが慢性的に下痢な私には1分も耐えられませんでした。

(浣腸するとお腹がひどい下痢が来たぎゅるるる……って感じになるのよ)

しばし飲まず食わずで待機ののち9時に!ついに手術室に移動。

狭い手術台に乗せられまずは左手に点滴、そして横に寝転がって背中に麻酔を処置してもらいます。はじめはチクチクしたんだけど、最初に麻酔をしてもらってから局部に針を刺していくのか、

「何かに押されてるな…」って感じしかなく。

ただ、難儀してる様子を感じるとなんか不安を感じたりもして。

そうこうしてる間に終わりまして正面むきなおり口に酸素。

「点滴から眠くなる薬入れますからねー」

とついに全身麻酔が…!

私意識的に意識なくなるんじゃないかと思って全身麻酔不安だったんですが、

本当にいつの間にか気を失ってた模様。

 

 

 

手術は4時間半で終わったのですが、

それから翌朝のこと正直あまり覚えてなく。

手術終わったら手術台で起こされて部屋に移動してオカンが待っててくれたのは覚えてるんだけどねー。

弟が蓄膿全身麻酔手術した時直後に

写メ撮って!みんなに送るから!!

っていってたらしいけど、

自分も承認欲求の塊だけどそんな余裕ねーわよ!

 

 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村


子宮筋腫 ブログランキングへ 

 

 

広告を非表示にする