読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなくいきる

子宮筋腫手術することになったので、覚書と、 あと日々のダラダラ生活のメモ。

入院初日のぼく。

子宮筋腫

いよいよ明日が手術です。

2日前の20日に入院からの諸々の検査したので取り急ぎ箇条書きメモしときますね。

落ち着いたらちゃんと書き直すかもしれない。

 

 

 ↑病院に着いたときのぼく。

 

 

受付済ませて病室に案内される。

ちなみに四人部屋。個室は逆に落ち着かないのでな…不安な時は騒がしいくらいがちょうどいい。基本やかましくても寝れるし。

先客はおばあちゃん二人、ほとんど寝っぱなしの状態だから静かだけど、逆にこっちも静かにしなきゃなー。

 

看護師さんが来て説明、それから血圧体温測定。

 と、入院時のあれこれの説明。

 

次は診察。

執刀医さんの内診と手術説明。大体のことは話聞いてたけど、

エェー、腹を膨らませるのかい!?

とか改めてソワァ…となったところもちらほら。話を聞くほど現実味を帯びてきてるけど頑張らねば…!

 

押してお昼ご飯、初の病院メシ。

白菜のおしんこ、ちゃんぽん、シウマイ。(写真撮りたかったけど静音スマホアプリなくて…すまんな)

温かかったらもっとおいしかったんだろうなぁ…と思いつつ十分美味かった!

 

次は看護師さんから手術の予定説明と検温血圧測定。

部屋が暑くてのぼせ気味だったので体温いつもより高めだったのが気掛かり。

そして麻酔科医さんからの説明。

なんか下から上から背中からいろいろなところに管差し込む現実に戦慄しつつ、

内田有紀にこんな説明受けたらテンション上がるよな!!ってドクターXみてた人間故妄想してみたり……って割と余裕あるな自分。

(でも正直先日の妊婦さんの回は直視できなかった)

 

金曜日に来て検診手続き諸々して土日休みの月曜朝から手術なので金曜の手続き終わったら土日やることがなく。

むしろ病院サイドさんから

「土日は家に帰ってええんやで」

と言われてお言葉に甘えてきました。

おうちたのしい!!!!

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村 


子宮筋腫 ブログランキングへ 

広告を非表示にする