読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなくいきる

子宮筋腫手術することになったので、覚書と、 あと日々のダラダラ生活のメモ。

ヤーズを使いつつ様子見した2年間の話

入院まであと一週間を切ったのと来週仕事で展示会設営(営業じゃないんだけどね、商品管理の立場上と人手不足で設営のお手伝いしてるのよ)でちょっとばたばたしてるので、更新、退院するまでのんびりになるかと思います。ご了承くださいませー;;
入院先で更新できるといいんだけれども、そもそも病室でスマホ使えるかすらわからん状態でな…


前置きはこれくらいにして今回は筋腫の経過観察をしてたネタを。
リュープリンのせいか、そうじゃないのかとにもかくにも軽い強迫性障害になっちゃったので、
ヤーズをとりながら経過観察した時のいろいろ。



生理の苦痛を抑えるためにピルを医師の指導の下服用していたんですが、
私が使ったのはヤーズ。

いわゆるほかのピルに比べて精神が安定するから(強迫性障害にかかっちゃったんでそれの兼ね合い)という理由。
ただこれ問題があってな。

月経困難症治療薬・ヤーズでブルーレター 血栓症による死亡例 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline
テレビでもやってたニュースだから知ってる人は知ってるだろうけどこのニュース出た時マジで処方してたんだよね。
そりゃさすがの私も不安になったさ。

(もともと注意書きはしっかりしてたんだけど)その直後から別紙での注意書きがされるようになったり。

因みに私も安全にヤーズ処方できるか否かのボーダーラインに立ってたんですわ。
高血圧なのでね。
高血圧も前述のニュースで書いてある血栓症の死亡リスクが高くなる要因なので、ヤーズ飲んでる間は朝、昼、晩と毎日毎日血圧測っては報告、の繰り返し。
そのおかげもあって食事にも気を遣うようになったし、スポーツジムで運動するようになったし、健康的になったし結果オーライ!
あ、でも血圧を下げるお茶はあまり効果なかった(私の場合)


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

子宮筋腫 ブログランキングへ

広告を非表示にする