読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなくいきる

子宮筋腫手術することになったので、覚書と、 あと日々のダラダラ生活のメモ。

筋腫発見と手術までの経緯

子宮筋腫

ざっくり筋腫発見から手術までの経緯

ふとTV(医療番組系)見て自分子宮垂れ下がってるんじゃね?って不安に

産婦人科へいく

筋腫発見

リュープリンつかいつつ経過観察

ジェネリックリュープリンが出たので使う

強迫性障害発症

リュープリン使用止める

ヤーズで生理の痛み抑えつつ経過観察

筋腫大きくなる

大きい病院紹介してもらう

手術した方がええで!


強迫性障害云々の下りはまた記事にできれば。
(因みにジェネリックリュープリンが自分に合わなかっただけでジェネリック否定してるわけではないのよ!その辺もその時の記事で書ければ)



そもそも産婦人科に行ったのは

学生時代は体操着姿の自分に通りすがりの男子生徒に
オムツはいてる!!
って言われる程度に尻が大きかったのですが
(今はいいのか悪いのか全体的にふとましくなったので極端に尻だけでかいってことはなくなったぜ!…泣いてなんかない
テレビで子宮特集をしてるときにふと子宮垂れ下がってるか(尻大きい分)不安になって。
内診の結果、子宮の位置には問題ないものの、筋腫発見に至ったわけで。

筋腫があるってことは生理が重いのか…

正直自覚症状はほぼゼロ。
生理痛はあるといえばあるけれど動けない程じゃないからたいしたことないだろうと思ってたし、
出血量だって月一ペースで周り汚しまくってたけど、ナプキン替えるの怠慢してただけだろう、と思ってたし、
とりわけ重いとかは思ってなかったのですが、こんなやつでもふとしたきっかけで筋腫持ちと発覚するので…

Twitterとかで生理しんどいというつぶやき見かけるたびに
とりあえず婦人科いって検査してもらった方がええで
と思うのです。
いや、出産意識する段階にならないとなかなか婦人科行こう、って気持ちになれないけどね。
内診怖いし。今でも慣れないし。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告を非表示にする